包茎は亀頭包皮炎を起こしやすいです

さまざまなケースがあります

包茎とは、生まれたとき、陰茎先端にある亀頭は包皮に覆われていて露出していませんが、思春期を過ぎると常に露出するようになります。しかし、成長しても亀頭の露出がみられない場合を病気として扱います。

包皮口の輪状になった包皮が狭く、包皮を反転できない状態を真性包茎といいます。また、包皮を根元に寄せていけば反転できる状態を仮性包茎といいます。そして、包皮が反転した状態で仮性包茎の陰茎を勃起させた際に、狭い包皮輪によって締め付けられて亀頭が腫れて激しく痛むこともあります。このような場合を嵌頓包茎といいます。

ほかの病気に発展することもあります

この病気を放置すると、亀頭包皮炎や陰茎がんを起こしやすくなります。また、尿が出にくいなどの症状もみられる場合には、膀胱拡張などがみられて、ほかの病気にまで発展してしまうので注意が必要です。

ちなみに、亀頭包皮炎は、亀頭と包皮の間に細菌が繁殖して炎症が起こった状態をいいます。陰茎がんは、ヒトパピローマウイルスが関与していると考えられている病気です。

原因は、おもに先天的な要因が考えられます。また、包皮輪が線維化して狭くなっている状態が原因である場合もあります。

手術による治療が行われます

3歳くらいまでは、成長するにしたがい、自然に治る場合があるため、まずは経過観察するのが一般的です。

しかし、それ以降は手術を行います。手術の方法で多いのは、包皮の背面切開手術か環状切除手術です。これらは局所麻酔でも可能な手術です。ただし、子どもの場合には全身麻酔で手術をします。

また、手術以外の治療として薬物療法もあり、ステロイド外用薬が有効な場合もあります。

ほかの病気を予防するためにも、入浴時には、包皮を反転してよく洗うなどして、清潔にしておくことが大切です。

性器が包皮で覆われている包茎は尿や精液などの汚れが溜まりやすく、性器が汚れる原因になります。こまめに包皮を後退させて洗浄することが性器に汚れを溜めないための心得です。