【眠れない】心療内科での治療法

眠れない時は心療内科へ

最近なかなか眠れない、眠っても夜中に何度も目覚めてしまう…などといった睡眠に関する悩みを抱える方は少なくありません。現在ではドラッグストアなどでも入眠剤を購入することが出来ますが、これらはあくまで鼻炎薬の眠くなるという副作用を生かした薬ですので、それほど強い効果は得られません。

どうしても眠れない時は心療内科の受診をオススメします。心療内科と聞くとハードルが高いように感じられるかもしれませんが、現在では清潔感があり通いやすい雰囲気のクリニックもたくさんあります。

不眠症の治療法について

不眠症の治療法はクリニックにより多少の違いはあるかもしれませんが、主に睡眠導入剤などの投薬治療になります。但し、不眠に至る原因によっては精神安定剤の服用やカウンセリングなどの心理療法がセットになる場合もあります。

どちらにせよ眠れないことに悩み続け、不健康な毎日を送るよりは心療内科を受診し適切な治療法で改善を目指すことをオススメします。なぜなら不眠症は放っておくと身体の病気や他の精神疾患へと繋がりかねないからです。

安定した睡眠を確保すること

「睡眠を飲む」ということ自体に抵抗感がある方もいらっしゃるかもしれませんが、現在の薬は進化しており副作用も減ってきています。また様々な種類がありますので、自分に合った薬を見つけることで安定した睡眠を維持することへ繋げていくことも出来ます。更に安全性についても保証されており、現在の睡眠薬は何錠飲んでもそれが直接の死因となるようなこともありません。

眠れない時の辛さを耐えるより、心療内科で適切な治療を受けて心地よい眠りを取り戻しましょう。

心療内科とは、ストレスによって引き起こされる身体的・精神的な症状の治療に特化した医療機関です。投薬治療だけでなく、岡山の心療内科でもカウンセリングやグループセラピーなど様々な治療方法があります。