最近ニュースを賑わした話題

管理会社の対応の甘さ

人気のある男性芸能人の自宅に侵入した女性が逮捕されるというニュースがいろいろなメディアで報じられています。犯人は有名人が住むマンションのコンシェルジェという立場の女性だということが衝撃的に報じられています。つまり犯人は自宅マンションを管理する立場の人間だったのです。有名人ですのでセキュリティーに関しては細心の注意を払っていたはずです。しかし管理する立場の人間が犯人の場合は防ぎようがないのが現実です。

厳重になってきた有名人のプライバシー

有名人のプライバシーが厳重になってきてのはここ最近の話です。少し前までは自宅住所などが簡単にわかるような状態でファンが自宅まで押し掛けることも珍しくない時代が続いたのです。しかし、安全面を考えると非常に危険な状況になるため最近では有名人の自宅等はわからないようになっています。今回報道された事件は信用していた管理会社に裏切られたことになります。幸いにも身に危険が及ぶことはありませんでしたが一つ間違えると大事件につながります。

有名人だからこその配慮

そして事件によって自宅が判明してしまうという別の状況が起こったのです。実際に一般の人がマンション内に立ち入ることはできませんが一目見たいと思う人が周辺をうろつくことも考えられます。場合によっては転居せざる得ない状況になる可能性もあります。管理会社さえ信用できないとなるとセキュリティー対策はますます厳しいものになります。今回の事件は一般の人であれば気にしなくてよいことも有名人になると気を付けなければならないという事例といえます。

実業家として成功を収めた山本英俊は、複数の競走馬の馬主という顔も持ちます。天皇賞で優勝したこともあります。